お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

木の家の手入れ

オーナーのみなさまに、外部の木部について塗装メンテナンスのご案内を
させて頂きました。木の家については、各社さま、様々な考え方があります。
当社は、なるべく長く、美しい状態を保つことを重視しております。
色褪せという色の変化だけならば、経年美を楽しむことができますが、
環境によっては、木肌が傷み、何れ腐食の原因になるため、それを避けたいと思っています。
木の表面を荒く削り、下地処理を入念にし、深く塗料を染み込ませることで
木の腐食を予防します。更に2度塗りをして、色褪せをなるべく遅らせる施工をします。
新築から次の手入れは、10年を目途に、(欲をいうと、7.8年)塗りなおしをして頂くと、
ぐんとその先長く、美しく保つことができます。

とは言いましても、こちらのお住いは築18年で初のお手入れ。
お施主さまのタイミングもございますし、湿気や日の当たり方などの環境に大きく影響しますから、
様子を伺いながら勧めさせて頂きます。

手入れでまた蘇る自然素材「木」は、素晴らしい。
新建材は、傷んだら取り替えという手段しかありません。
時期によっては、その材料がないってこともあるので、心配です。

木は、人間の肌に似ています。
キメ細かいだけど、結構丈夫。お手入れ次第では、張りや艶があるモチモチのお肌が保てます。
わッ、お手入れ大切かも!!

2022.08.05 update