私たちの5つの設計ポリシー

イメージ画像:私たちの5つの設計ポリシー

1.簡素シンプルに美しく

シンプルにつくることは難しい、というと意外に思われるかもしれません。人と人・物・光、道路と敷地、隣家と計画建物 等々、多くの関係性が複雑に絡み合った設計条件を解きほぐし、再編成する。その試行錯誤の結果、シンプルで美しいかたちを導き出すことができるのです。

2.敷地を生かす

敷地にはそれぞれの個性があります。山が見える場所、自然豊かな田園地帯、街中の密集地…。その土地の個性を読み、その特長を生かす。そのために庭の植栽やアプローチの塀などを、家と一体的に計画すること。私たちが「家と庭が寄り添う」ことを大切にして設計をしているのには、そんな理由があります。

3.居心地の良さを追求する

ソファに座ったとき、キッチンに立ったとき、本を読むとき…。そこから見える光景、背後にあるもの、その場所の明るさや暗さ、感じる陰影、空間の大きさや広がり。さまざまな要素を考慮して居場所をデザインすることが、居心地の良さを生み出します。

4.経年美を生かす

永く愛着をもってくらしていく、そんな住まいを楽しんでほしいと願っています。だからこそ、“建てた時がもっとも美しく、あとは劣化するだけの家”ではなく、“建てたときからの変化を楽しめる家”にしたい、と私たちは思っています。

5.ずっと安心・安全・健康であること

ずっと安心に、永く住み続けられる。そんな家をつくり、守り続けること。それが私たちの社会的な責任であると考えています。