お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

春を切りとる窓

窓には、風景を切りとる作用があります。
春、桜が満開に近づいています。母屋が北側にある敷地内同居の「誠の家」。
屋敷の隅に立派な桜の大木、敷地の入口に白壁の蔵。
その蔵の手前に松やモミジが揃う日本庭園風の樹木が残されています。
今まで、敷地内の樹木たちを一体に見ることはなかったでしょう。
しかし、大窓により、そして障子の開閉により一つの切り取られた風景が誕生しています。
まるで、大きな額縁におさまる絵画のようです。

 

2022.04.15 update