お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

現場に通うこと

小布施町にそっと佇む素敵な住まいがあります。故・建築家永田昌民さんの設計したお住い。
住人の奥さまを紹介して頂いたのがご縁のはじまりでした。
その当時の奥様のご要望記録、永田さんのスケッチ、やりとりの記録、そして、現在のお住いの姿。
お話を伺いながらも、色々なシーンを想像させて頂きました。
永田さんの図面を拝見させて頂き、詳細な形状と寸法の記載、図面の多さに驚きました。
現場がスムーズに進むため、そして何より職人さんへの尊敬の念を大切にしていたとお聞きします。
そのお気持ちが、図面からも伝わったように思います。
永田さんの師匠である故・建築家吉村順三さんから受け継がれてきた言葉にもあります。
一軒一軒丁寧に取り組むことが、お施主さまのためになるだけではなく、そこに携わる職人や社員、その家族の幸せにもつながると。

私が、直接的に何かできるわけではありませんが、よく現場に通うことにしています。
一番の目的は、職人さんに声をかけること。他愛もない会話をすること。
いつも和やかで、でも真剣な仕事ぶりに尊敬と感謝の気持ちを伝えたいと思っています。

今日の信州の山々、なんて美しいのかしら!2階リビングから覗いてみました。
職人のみなさん、ありがとうございます。

2021.02.20 update