お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

桂離宮の月見台 -魅力的な窓の実例-

回遊式庭園と建築が一体となった美しさで名高い桂離宮。
月見台は古書院から張り出した竹簀子張りの露台で、
その名の通り観月に使用されたそうです。

室内からは、“まど”を通して桂離宮の苑地全体が見渡せます。
その中秋の名月の晩には、正面に上る月 と 池に落ちるその月影 の
両方を観賞できるようになっているそうです。
障子と月見台で縁どられた“まど”で水面の割合が大きい構図をつくることで
この景色を実現しています。

新建築社より1996年に刊行された『桂離宮』では、このアングルの写真が表紙になっています。

『桂離宮』1996
監修: 伊藤ていじ・小幡祥一郎・鈴木嘉吉・工藤圭章

2020.08.31 update