お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

床下エアコン、床置きエアコン

「頭寒足熱」の状態がよいことは広く知られています。
冬に「足元が暖かい」住環境を整えられれば快適な生活が送れますよね。

しかし、物理現象として暖気が上方に向かうのは避けられませんので、
どうしても天井より床の方が温度が低くなってしまいます。

高断熱高気密の家ではその上下温度差を小さくすることができますので
昔ながらの家に比べて格段に快適です。
それでも(当然ですが)床の方が暖かくなるということはありません。

そこで、床下暖房という方法を紹介します。
床下にエアコンの温風を通わせて床を暖めます。
床下を通った後の温風は窓際で室内に導入されることで
窓の表面温度を上げることにも寄与します。
※上の画像は、窓際の温風のサーモグラフィ画像です。

断熱工事費は上がってしまいますが、
床の温度が上がり、快適性が増します。

以前は「温水床暖房」が主流でしたが、
メンテナンスの容易さ等から
当社では「床下エアコン暖房」をおススメしています。
※ただし「メーカーの保証が付かない」や「故障時にメーカーに修理してもらえない」という
デメリットもありますのでご理解の上のご採用を尾根がします。

当社の高断熱高気密の性能であれば
「十分暖かいので工事をかけてまで床下暖房をする必要もないかな…」
という方も多くいらっしゃいます。
とはいえ冬の寒い朝方などは、足元が暖かいとうれしいものです。
そこで、もう一つの提案として「床置きエアコン」があります。

上は、キッチン脇に設置された床置きエアコンのサーモグラフィ画像。
足元の暖かさは家事を楽にしてくれます。
床下暖房の代替案としてコストパフォーマンスの高いソリューションです。

2021.01.01 update