お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

幼児の手に触れる家具

認定こども園・朝陽学園さんの2歳児棟で製作中の家具たち。

藤木棟梁、木材をまるで紙のように扱い、湾曲の壁をつくり出していました。
幼児のロッカーも、角をつくらずに丸く仕上げています。
どこまでも配慮があり、図面では表しきれない部分も注意して指摘があがります。
現場でより良いものに仕上げる、それが常です。
「美しい以前に、まずは安全でなくてはならない」
現場を担う大工の細心の注意が、私たちのやさしい建築をつくり出しているのです。

2020.03.11 update