お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

4回連載!大工がつくる家Ⅳ

▼ 湯本建築設計のオリジナル大開口
サッシの鴨居枠と窓の内側に障子戸を組むための枠加工


大開口内側の障子戸の鴨居です。
四本もの障子を嵌め込む鴨居は大きく加工が大変です。
無垢材を上手に使い施工します。
最近使われている既製品の材料では無理ですが、無垢材は大工の腕でこんなこともできます。
自然素材のよい点は、健康や身体にも安心、そして色んな形がつくれ、
そしてメンテナンスが出来ることです。それが永く在り続けることが出来ることに繋がります。

▼ 手摺の上端を上からみたところ

角を丸くし安全で優しい造りにします。
人の手に触れ、ぶつかりそうなところは、特に気を付けて角を丸くし柔らかな材料を使います。

大工という仕事は、つくづく凄いと思います。
モノをつくる仕事は色々あり、どれも素敵な仕事ですが、
人が生きていくために必要な衣食住に携われるのがうれしい。
そして、とても使命感がわきます。

大工4人目、玄関先外部の腕木を加工しているマサヤさん!
一つの腕木を作るのに一つの板から大工が加工して
この形にしていきます。
いつも全体を把握して気配りができ、皆から慕われて頼られています。
これからも頼ります。よろしくお願いします。
yumoto

腕木のデザインの由来は、「招き猫の手」。
「家族も、来客も、こころよく招く」を意図しています。

2019.11.19 update