お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

新住協の研修へ

9/26~27の2日間にわたり、仙台市で新住協の総会が開かれました。
新住協は、鎌田紀彦先生を理事長とした、断熱気密性能の向上をはじめ、
住宅の性能を上げるために研究する団体です。
全国から、共に精力的に研究しあう工務店さんや設計事務所さんが参加しております。
Q1.0住宅マスター会員としては、長野支部では我が社を含め6社のみとなります。

時々、「新住協の本で湯本建築設計を知りました」とお問い合わせがございます。
そう言ったお客様は、とても勤勉で性能について詳しく質問をされます。
都度、私たちは、明確なお答えができるよう準備しております。
そのためにも、現状に満足せずに、常に先を見据えて勉強に励みたいと思います。

鎌田先生の基調講演会と研修で、新しい材料や施工方法、性能の計算方式などの変更等
学ぶべきこと、そしてこれから重要視するべき課題も見つかったように思います。

現代は次々と進化する時代だと改めて感じ、全国のお仲間が一生懸命頑張っている
様子をみて励みになります。
少しでも居心地のいい家をつくる為に、正しい知識をもって設計を行い、
何よりも正しく施工することが大切です。

これからも努力して参ります。
yumoto

2019.10.01 update