お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

断熱性能の指標・単位を知る

すまいの断熱性能を表す指標はいくつかあります。
主なものを下の表に示します。
※表中の計算式の記号は、本コラムのトップ画像に凡例を示しています

UA値やQ値は、小さいほど性能が高いことを示します。
高性能な断熱材をたくさん使うことで値を小さくすることができます。
ただ、室内を快適な環境にできる性能か、省エネになっているか、などはこの値では判断できません。

注目して頂きたいのが
「C値」と「暖冷房負荷」です。

●C値とは

気密を表すC値は、小さいほど性能が高いことを示します。
目標値は1.0以下。
結構きびしい値ですが、注意深くきめ細やかな施工によって、この目標を実現することが重要です。

なお、
上の表の中で、C値以外は計算で算出するのですが、C値ではそれはできません。
実際に建てたすまいに測定器を持ち込み、測ることでしか確認できないのです。
住宅会社を選ぶ時には、
「過去に行った気密試験のC値を教えて」
と聞くとよいでしょう。
C値が1.0以下の施工ができるのであればひとまず合格です。

●暖冷房負荷とは

暖房や冷房をしたときにどのくらいエネルギーが必要か、を示すのが「暖冷房負荷」。
寒冷地か温暖地か、日光を取り入れられる窓があるか、等も考慮された指標です。
この指標でよい値を出すのには、断熱性を上げることとも大切ですが、日光を上手に取り入れるようにプランニングすることも大切です。

そして、わたしたちの経験からすると、
40 kWh/㎡よりも小さい値にすれば
屋内の快適性が満足できるレベルになります。

①まずは  年間暖房負荷 40 kWh/㎡
②理想は  年間暖房負荷 30 kWh/㎡!
③上級者は 年間暖房負荷 15 kWh/㎡…! (パッシブハウス基準)
を目指しましょう。


↓  すまいの性能について
家づくりの知恵 【1】すまいの温熱環境


2019.09.29 update