お問い合わせ/資料請求はこちら

Topics

スタッフコラム

住宅の8割をキメル

ユニットバスや換気扇のダクトを先行配管している状況となります。
ダクト周りにもウレタンを吹付け、隙間処理をしております。
もちろん、電気コンセント部分の気密処理もかかせません。
普通はここまでしません。
この見えなくなる所の処理が、家の耐久性を上げ、性能を上げる事につながります。
壁の断熱材を入れるまえの、掃除も入念に行います。

↓透湿防水シート(タイベック)もシワ無くキレイに張るように心がけて
作業してくれます。
このおかげで防水性もぐんと上げます。

大工の腕と材料で、住宅の出来が8割方決まると思っております!
我が社の棟梁が丁寧な仕事を見せることが、他の職人さんたちにも
影響を与えます。より団結して、いい建物ができます。

いい家は、つくる過程が大切です。
yumoto

2019.08.05 update